第12回学生ゼミを行いました

7月17日に第12回学生ゼミを行いました。 今回のゼミでは、 Chapter10: Model Comparison and Hierarchical Modeling (M1 松野) を扱いました。 今回の章では、ベイズ推定の枠組みでのモデル比較を勉強しました。 今回のゼミにて、前期の学生ゼミは終了となりました。みなさまお疲れさまでした。 投稿者|妹背

由比ガ浜に行ってきました

昨日、海の日は暑さを吹き飛ばすために地情研メンバーで由比ガ浜に行ってきました! 非常にいい天気の中の海水浴で、とても楽しく、気持ちよかったです。 海水浴後は、鎌倉に行き小町通りを食べ歩きした後、鶴岡八幡宮でB4の院試合格を祈願しました。 B4の皆さん頑張ってください! 投稿者|山野

昔の測量機器を体験してきました(月刊測量の取材にて)

先日7/12に、日本大学船橋キャンパスにて昔の測量機器を体験してきました。 キャンパスは、東葉高速線の船橋日大前駅の目の前にあるのですが、まずその運賃の高さに驚きました。西船橋から船橋日大前までたったの4駅で510円でした。 さて、今回使用した測量機器は、WILDのT2-4549(写真)(とトプコン社のTS)です。 この機器は昭和初期に作られ始め、昭和40~50年まで用いられていたらしいです。 そこで、キャンパス内の3地点において、それぞれの角度を測り内角が180度になるかどうか実験してみました。 結果は、179度59分39秒となり、非常に180度に近い値が得られました。 TSと比較すると、水平角の読み取りのための操作に誤差が生じる、時間がかかるなどしましたが、遜色ないレベルの精度となりました。 今後も月刊測量の活動を通して、いろいろなことを学んでいきたいです。 WILD T2-4549 投稿者|妹背

第11回学生ゼミを行いました

7月10日に第11回学生ゼミを行いました。 今回のゼミでは、 Chapter21: Dichotomous Predicted Variable (M2 妹背)  を扱いました。 タイトルの”Dichotomous”という単語の響きが独特で、最初話題になりました。 今回のテーマは私の学部時代の研究テーマとも少し関係のあるもので、当時のことを思い出しました。 今学期の学生ゼミもあと一回。もう一息です。   投稿|鶴野

ICCSA 2018, Best Paper Award.

The 18th International Conference on Computational Science and Applications (ICCSA 2018) has been held on July 2 – 5, 2018 in Melbourne, Australia. 274 papers have been presented during this successful edition of ICCSA in collaboration with the Monash University, Australia. Dr. Perez Joan presented a paper entitled: “Multiple Fabric Assessment: Focus on Method Versatility and Flexibility” authored by Araldi A (University of Côte d’Azur, UMR 7300 ESPACE-CNRS)., Perez J (The University of Tokyo, Regional Planning and Information Laboratory)., Fusco G (University of Côte d’Azur, UMR 7300 ESPACE-CNRS) and Fuse T (The University of Tokyo, Regional Planning and Information Laboratory). The paper won a BEST PAPER AWARD related to the…