ニュース

第2回学生ゼミが行われました

5/17(水)に学生ゼミ第2回・深層学習第3章「確率的勾配降下法」の輪読会が行われ、M1木村が発表しました。
確率的勾配降下法による、効率的な最適化は微分可能なモデルの中核をなす部分です。局所最適解を避けながらミニバッチに最適化していく仕組みを、数式やイメージをもとに議論しました。

投稿者|河内

2022年度大学院入試の説明会について

我々の所属する東京大学大学院社会基盤学専攻の大学院入試説明会が6月4日に開かれます。
本研究室にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

入試情報につきましては、以下のリンクから参照ください。
(説明会についてもこちらで受付中:http://www.civil.t.u-tokyo.ac.jp/graduate_school/)

                                                                             投稿者名|村上

第1回学生ゼミが行われました

本日5/11に第1回学生ゼミが対面にて行われました。
対面での実施は久々となりますが、人数が多くない事もあり十分な距離感を保って実施出来ました。
学生ゼミの前には15分ほど布施先生も交えて雑談をする機会もありました。
学生ゼミでは片山君から「深層学習 改訂第2版」の第二章に対応するネットワークの基本構造について発表がありました。スライドのクオリティも高く分かりやすい発表でした。交差エントロピー等、今まで何となくの理解で使用していたものの定義等を復習し、議論する機会もありました。

弊研究室に興味があるとのことで京都大学からいらっしゃった学生がゼミに見学参加してくださり、色々とお話出来ました。研究を進める中で論文を調べていたら河内の卒業論文に辿り着き興味を持ったとのこと。昨日の夜行バスで東京まで来て今晩のバスでまた帰るそう。行動力があってすごい!と感心しました。

投稿者名|木村

我らが研究室の看板ができました!(後編)

研究室の皆様へ感謝の気持ちを込めて、片山と私は看板を制作して贈りました。前編に引き続き、制作過程をご紹介いたします。

デザイン、転写、彫りの後、文字を着色しました:art:。吸い込まれるような黒で厳かな雰囲気を出そうと、文字を二度、アクリル絵の具で重ね塗りして黒々と染めました(写真1)。

写真1

ちなみに、裏面には片山と私の名前がこっそり入れてあります笑(写真2)。

写真2

そしてニスで塗装しました。:sparkles:ピカピカ:sparkles:になるだけでなく、着色の保護や腐敗防止の意味があります。ただ、一度に厚く塗るとかえって塗装が取れやすくなるので、薄く塗ってから乾燥させる工程を繰り返して塗装を少しずつ厚くしていく必要があります。ここでは表面を4回、裏面を3回重ね塗りしました。粘性の高いニスをかまぼこ彫りの溝の間にまで塗るのが大変でしたが、それを頑張ったおかげで、文字の立体感がでました(写真3)。

写真3

最後に設置用に考え出した金具(←特許申請中ではありません)をつけて完成です看板は紙で包み、修士博士の学位授与式の日に研究室に集った際に布施先生にお渡しして、紙を破って開けてもらいました。驚かれながらも、皆さんにお喜びいただけたようでよかったです(「大学院修士課程を修了しました」の写真はその直後です)。いまは工学部1号館3階の廊下に面した教授室の扉にかけさせてもらっています(写真4)。お近くにお越しの際はぜひご覧くださいね:wink:前後編に渡ってお読みいただき、ありがとうございました。

写真1

投稿者|Ina.

我らが研究室の看板ができました!(前編)

すでに「追い出しコンパが開催されました」の文中で簡単に紹介されていますが、2021年度の卒業生である片山と私から研究室の皆様への感謝の気持ちを込めて、看板を寄贈いたしました:gift:
(「大学院修士課程を修了しました」の写真にも登場していますね)教授室の入り口のネームプレートが小さいことがかねてから気になっていたので、卒業するこの機会にお世話になった布施先生への感謝の印として、「教授 布施孝志」という表札を作ろうとも考えたのですが、研究室の看板もなかったので、(さらに自宅に130 cm × 30 cmのちょうどいい木の板があったので、)それを作ることにしましたそうです。この看板は手作り:muscle:です。せっかくなので、制作過程をご紹介いたします!

 

写真1

まずは、デザインを検討しました。「地域/情報研究室(横書き・英語表記の併記)」も検討したのですが(写真1)、設置のしやすさと見た目の良さから、「地域情報研究室(縦書き)」としました(誠に勝手ながら、スラッシュを抜いたのは縦書きにしたときの見栄えが理由です)次にこれを印刷し、カーボン紙を使って木の板に転写しました。そして、彫刻刀で文字をかまぼこ彫りをしました。文字に立体感を持たせるためです(写真2)。

写真2

中学の美術の授業以来の彫刻刀だったことと、使った木の板が彫刻を想定していない合板(おそらく本来の用途は棚板)だったため、写すのも彫るのも難しく、文字あたり二時間半もかかりました:tired_face:(そのため全てをかまぼこ彫りするのは途中で諦めて、「研究室」の三字は三角刀で線彫りしました)短くまとめることも考えたのですが、せっかくなので制作の様子をお見せしようと、この記事は二部作となりました:yum:
後編に続く!!!

 

投稿者|Ina.