• 魅力ある都市空間へ向けて

About

私たちは、空間情報学という学問領域を発展させ、これを国土・地域・都市の政策・計画プロセスに利活用していくための多様な研究に取り組んでいます。

多様なデータの統合、データとシミュレーションの統合、データ生成機構の構造推定と可視化、などの研究を行っています。詳細は研究テーマのページをご覧ください。

地域/情報研究室の名には、空間情報学を通して国土・地域・都市を支えたい、真に魅力ある空間へと再生したいという、私たちの願いが込められています。

News

研究室送別会を開催しました

3月22日に、研究室の送別会を開催しました。 今年度はM2の池澤さん・泉さん・原田さんと、B4の佐藤さん・横澤くんが研究室を離れることとなり、皆さんに色紙とハンカチをプレゼントしました。 それぞれ、新しいフィールドでのご活躍をお祈りしております。時には、地情研にも顔を出してもらえたらと思います! 投稿者|大倉

第6回スポーツデータ解析コンペティション受賞者講演会

前回大会から参加しているスポーツデータ解析コンペティション、2016年度 第6回は神谷・中西・泉のチームが特別賞(データスタジアム賞)を獲得することができました。 3/20(月)には統計数理研究所においてこの受賞者講演会が開催され、神谷・中西の2名が参加してきました。前回大会では神谷は欠席してしまったので、受賞の場にようやく立ち会うことができ嬉しかったです。授賞式の他に、現役のスポーツデータアナリストの方々の特別講演を拝聴でき、スポーツという現場におけるデータ分析を具体的に知ることができたとても良い機会でした。 コンペティションについては日本統計学会スポーツ統計分科会のページにてご覧いただけます。また、発表内容は統計数理研究所共同研究リポート380「スポーツデータ解析における理論と事例に関する研究集会」Vol.4にも掲載されています。 投稿者|神谷

修士論文の中間審査が行われました

2月17日に修士論文の中間審査が行われ、M1の大倉と福冨が発表しました。タイトルは以下の通りです。 大倉「空間フィルタと機械学習を用いたSAR画像による海岸線抽出」 福冨「異種交通データの統合によるモード別交通行動の推定」  これからは就活等も本格化しますが、研究の方も疎かにせず進めていきたいと思います! 投稿者|大倉

卒業論文・修士論文の打ち上げが行われました

2月8日(水)に、卒論・修論の打ち上げが行われました。(@味噌煮込罠 こじんまりとしていて心地よいお店でした。) 緊張がほぐれて、多いに盛り上がる飲み会となりました。来月には研究室を離れるメンバーもいます。それまで皆で楽しい時間を過ごせればと思います。  

卒業論文最終審査に無事合格しました

2月7日および2月8日に、卒業論文の最終審査が行われました。4人の学生がそれぞれ以下の題目で発表を行い、無事全員が最終審査に合格しました。 妹背「非定常到着分布による歩行者通行量の時空間的特徴の抽出」 佐藤「高次元オープンデータに対するスパースモデリングの適用可能性の検証」 森田「メッシュ単位のデータ駆動型シミュレーションモデル作成手法に関する研究」 横澤「三次元道路地図の更新に向けた低精度点群データによる変化抽出」  また、横澤くんが田辺賞を受賞しました。おめでとうございます。   以下、4人の感想です。 発表に来てくださった皆さま、ありがとうございました。卒論研究やその発表を通して、勉強面でも生活面でも充実した1年間を過ごすことができたことに嬉しく思います。ただ、反省点や課題も多いので、今後も研究に精進していきたいと思います。(妹背) 初回のゼミでお伝えした問題意識にぴったりのテーマを頂き、楽しく研究できました。皆様にはご迷惑ばかりおかけしましたが、お蔭様でなんとか論文を形にすることができました。ありがとうございました。(佐藤) 先生方やラボのメンバーに見守られて、卒論提出と発表を無事終えられて安心しています。ありがとうございました。この一年で学んだことを今後の研究に生かしていきたいです。(森田) 研究を始めたころは右も左も分かりませんでしたが,先生のご指導や同学との議論の中で研究をなんとか形にすることができ,一安心しています.今後も学会発表などで卒論の成果を洗練させていきたいと思います.(横澤)

Contact

地域/情報研究室は、東京大学工学部社会基盤学科 / 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻に所属しています。
当研究室で学ぶことを希望される方は、社会基盤学科への進学情報社会基盤学専攻の入試情報をご覧ください。
所在地や連絡先については、連絡先・アクセスのページをご覧ください。